1. HOME
  2. 一覧
  3. 仏教
  4. 庚申さん 青面金剛 | 明石の禅寺 大蔵院

庚申さん 青面金剛 | 明石の禅寺 大蔵院

庚申堂の写真

庚申 (こうしん)とは、道教の守庚申に由来する庚申 (かのえさる) の年、または 庚申の日に徹夜して身を慎むことで長生できるという信仰です。

庚申塔(こうしんとう)とは、青面金剛(あるいは帝釈天・猿田彦)の姿を刻した石塔を指します。石塔によっては 文字だけという形態もあります。

中国でうまれた宗教 道教では、三尸(さんし)と云う三匹の虫が、人間の身体に住んでいるとされいます。 

三尸(さんし)は 庚申(帝釈天の縁日)の夜、天に昇り、帝釈天に 宿主の罪悪を告げるとされていました。

三尸(さんし) から報告を聞いた帝釈天は、宿主の寿命を縮める・・という信じられていました。
その対策として、庚申(帝釈天の縁日)の夜に、徹夜する風習が生まれました。

人々は 庚申塔の前に集まり、世を徹してました。

この信仰は、奈良~平安時代に日本に伝わり、貴族の間で行われました。《守庚申:しゅこうしん》

次第に 仏教的な色彩を帯び、庚申供養塔などが造立されるようになり、庶民の間にも広まり、江戸時代には 各地で盛んに行われました。《庚申待(こうしんまち)》

時代が進むにつれ、仲間との交流・娯楽的要素が強くなりました。

信仰は、江戸時代の末に衰えましたが、今でも、庚申さまを奉り、仲間同士親睦する庚申信仰を行わっている寺社は各地にあります。

青面金剛 堂内の写真

大蔵院にある庚申塔は、江戸時代には、今の神戸地方裁判所 明石支部前で祀られていました。

※下の古地図の左下に「庚申」と書いてあるのがそうです。
ご縁があり、現在、当院で祀られています。大蔵院 境内案内

大蔵谷の古地図
明石市立図書館/明石 郷土の記憶デジタル版より

© 2022 kenkozan Daizoin

般若心経
大悲呪
昔の本堂の様子と 新本堂を再建する様子
error: Content is protected !!