1. HOME
  2. 一覧
  3. 仏教
  4. 中峰和尚座右の銘 現代語訳

中峰和尚座右の銘 現代語訳


ちゅうほう みんぽん ぜんじ

中峰明本 禅師

生年 1263.11.2. 銭塘(現在の浙江省 杭州市
没年 1323.8.14. 天目山浙江省)   


中峰明本 禅師は
中国の時代を代表する
臨済宗の禅僧です

俗姓は 孫
号は 幻住道人

臨済宗 第十八世で
天目山 師子院の高峰原妙を師と仰ぎ
その印可を受けました

高峰原妙 禅師は
中峰明本 禅師に
寺を継がせようとしましたが
明本禅師は 固辞

他の僧に寺を継がせ
自身は 山を下りました

天目山を度々、訪ねることはあるものの
一寺の住持に 留まることはなく
官寺の招きに 応じることはありませんでした

自らを「幻住」と称し
「幻住庵」と名づけた庵を 各地に構え
仮寓しました

禅師の高徳を慕い
僧侶・俗人 関わらず
多くの人々が集りました

西域・高麗・雲南
そして日本からも来ました

中峰明本 禅師に参禅した日本人僧
古先印元 遠渓祖雄 復庵宗己 無隠元晦
明叟斉哲 寂室元光 孤峰覚明

あまりに集まるため
密かに庵を去り 別の場所に移りますが
人々が集まり
一ヶ所に 三年も留まれなかったそうです

明本 禅師の生き方は
日本の禅僧にも影響しました

京都や鎌倉から離れ 敢えて山間に草庵を結び
庶民と共に禅を修める禅僧たちが現れます

彼らは
中峰明本禅師(幻住道人)にちなみ
幻住派と呼ばれました


の皇帝
第4代アユルバルワダ(仁宗
第5代シッディバーラ(英宗
からも尊崇され
仏慈円照広慧禅師というを賜りました


中峰明本 禅師は
禅と教学を兼ねる「教禅一致」や
禅と浄土教を兼ねる
「禅浄一体」を主張されました

この中峰和尚座右の銘は
臨済宗の全国の専門道場や
各お寺の朝課で
毎日 誦まれています



中峰和尚座右の銘


末世(まつせ)比丘(びく)

仏法が衰えた 末の世の出家者は


(かたち) 沙門(しゃもん)()
姿かたちこそ 僧侶に似てるが


(こころ)慚愧(ざんぎ)()
心に恥じることなく
※無慚:むざん・梵āhrīkya


()法衣(ほうえ)()けて
僧侶の衣を身に着けながらも


(おも)俗塵(ぞくじん)()
思うのは 世俗の雑事ばかり


(くち)経典(きょうてん)(じゅ)して
口では 経典を唱えながら


(こころ)貪欲(とんよく)(おも)
心の中では
欲望・執着を 忘れないでいる


(ひる)名利(みょうり)(ふけ)
昼は
世間的な名声や 現世的な利益に耽り


(よる)愛着(あいちゃく)()
夜は
心惹かれる執着に酔う


(ほか ) 持戒(じかい)(ひょう)
外には 硬く戒めを守ると表明し


内密犯(うちみつぼん)()
内では 密かに戒めを破る


(つね)世路(せろ)(いとな)んで
常に 世渡りの道を励み


(なが)出離(しゅつり)(ぼう)
永い間
迷いを離れ 解脱の境地に達することを
忘れている


(ひとえ)妄想(もうぞう)(しゅう)
ひたすら 妄想に執着し


(すで)正智(しょうち)(なげう)
既に(真実を捉える)智慧を
投げ捨てている


(ひと)つには
道心(どうしん)堅固(けんご)にして
(すべから)見性(けんしょう)(よう)すべし
一つには
悟りを求める意志を 固く持ち
(自己に備わる)本性を見究められるよう
求めるべきだ


(ふた)つには
話頭(わとう)()(ぢゃく)して
(さん)(てつ)()むが(ごと)くせよ
二つには
公案を疑い 固執しろ
鉄を咬むように


()つには
長坐(ちょうざ)蒲団(ふとん)
脇席(わきせき)()くること(なか)
三つには
座布団に長座し
脇席に着くな


()つには
(つね)(ぶっ)()()()
(つね)(みずか)慚愧(ざんき)せよ
四つには
常に釈迦様や祖師の語録を よく見て
常に 自らを恥じよ


(いつ)つには
戒体(かいたい)清浄(しょうじょう)にして
身心(しんしん)(けが)すこと(なか)
五つには
(戒を受けて備わる)善を行う力を
清らかまま 保ち
身体と心を 汚すな


()つには
威儀(いぎ)(じゃく)(じょう)にして
(ぼう)(らん)(ほしいまま)にすること(なか)
六つには
規律にかなうように 立ち振る舞い
もの静かに過ごせ
荒々しい振る舞いをしたり
自由勝手をすることの無いように


(なな)つには
少語(しょうご)低声(ていせい)
戯笑(ぎしょう)(この)むこと(なか)
七つには
言葉を少なくし 声をひそめ
ふざけて笑うな


()つには
(ひと)(しん)ずるなしと(いえど)
(ひと)(そし)りを()くること(なか)
八つには
人の信用が無くても
人から 誹られるな


(ここの)つには
(つね)(じょう)(しゅう)(たずさ)えて
堂舎(どうしゃ)(ちり)(はら)
九つには
常に(ほうき)を携えて
寺の建物の塵を掃え


(とう)には
道行(どうぎょう)()むことなく
()くまで飲食(おんじき)すること(なか)
十には
(思い通りにならなくても)
仏道の修行を 倦まずに続けよ
飽きるまで 飲み食いするな


生死(しょうじ)事大(じだい) 光陰(こういん)()しむべし

生き死にを繰り返す六道輪廻の迷いを捨て
悟りをひらくことは
人として生まれている 今この時をおいて他になく
今が最も大事である
時間を 惜しむべきだ


無常(むじょう)迅速(じんそく) (とき)(ひと)()たず
世の移り変わりは 極めて速く
時間は 人を待たない


人身(じんしん)()(がた)し (いま)(すで)()
人として生を受けるのは
奇跡のように難しいことだが
今 すでに人として生を受けている


仏法(ぶっぽう)()(がた)し (いま)(すで)()
仏法を聞けるのは
奇跡のように難しいことだが
今 すでに仏法を聞いている


()() 今生(こんじょう)に (むか)って()せずんば
(さら)にいずれの(ところ)(むか)ってか
()()()せん
(人としての生を受け、仏教を聞いた)
この身体を
今 この世で 悟り(の世界)に向い
渡らせなければ
更に 何処に向い
この身体を 渡らせるというのか




明石の禅寺 大蔵院
経典 記事一覧

金剛般若経
般若心経

観音経
延命十句観音経

大悲呪
開甘露門

消災呪
仏頂尊勝陀羅尼

中峰和尚座右の銘
興禅大燈国師遺戒

白隠禅師坐禅和讃



© 2022 kenkozan Daizoin

般若心経
大悲呪
昔の本堂の様子と 新本堂を再建する様子
error: Content is protected !!