1. HOME
  2. 体験
  3. 謡・仕舞

謡・仕舞

仕舞のお稽古の写真

能楽 観世流 謡・仕舞教室

神戸の西 姫路・加古川の東
淡路島の北に位置する兵庫県明石
.
明石で六百年続く禅寺 大蔵院では
.
能楽の観世流仕手方 藤谷音彌先生による
謡(うたい)・仕舞(しまい)教室が
開かれています

大蔵院 本堂の写真

明石の禅寺 大蔵院

仕舞 謡の風景

謡・仕舞 教室の風景

 

能楽(のうがく)とは

日本の古典芸能の一つ。
.
能のこと、また能と狂言を一括して
能楽ともいう。
.
南北朝時代から、
「猿楽(さるがく)(申楽)の能」
または「能」とよばれていた。
.
.
1957年(昭和32)に
国の重要無形文化財となり、
2008年(平成20)には
ユネスコ(国連教育科学文化機関)の
無形文化遺産に登録された。
.
出典 小学館 日本大百科全書
(ニッポニカ)


謡(うたい)とは

能の音楽は、
うたい囃子はやしで成り立っています。
.
謡は、シテ方が務め、
囃子は 囃子方により演奏されます。
.
謡とは 能の舞いに添えられる歌謡です。
.
能では、シテやワキなど立ち方による
一人称の謡(台詞や歌)で
舞台は進行しますが、
.
舞台には登場しない第三者の立場で
出来事や風景描写を行ったり
心情を朗唱したりする、
所謂コーラスのような
声楽のパートが、地謡じうたいです。
.
出典 the能ドットコム

 

仕舞(しまい)とは

シテの所作の見どころを抜き出して
紋付・袴姿
(裃(かみしも)姿のこともある)
で舞う上演形式。
囃子は入らず、
4人前後の地謡だけで舞う。
.
仕舞扇という大きめの扇を使い、
面や装束は着けない。
小道具なども原則的には用いないが、
長刀(なぎなた)や杖などを
使う場合もある。
.
非常に簡素化されているので
舞の骨格を鑑賞するには最適。
.
ワキ方にも仕舞があり「脇仕舞」と呼ぶ。
狂言方が舞うものは「小舞」という。
.
出典 the能ドットコム

 

観世流(かんぜりゅう)とは

(1)能のシテ方五流の一つ。
.
南北朝の結崎(ゆうざき)座。
観阿弥を流祖とし,
足利義満の後援を得て発展した。
.
江戸時代は四座一流の筆頭の位置を占め,
現代でも全国的に圧倒的な流勢を示す。
芸風は優美繊細。
.
26世宗家観世清和ほか,観世銕之丞,
観世喜之,梅若六郎,梅若万三郎,
関西では片山・大槻一門ほかの派がある。
.
(2)能の囃子方の流派。
.
小鼓,大鼓,太鼓それぞれにある。
.
出典
株式会社平凡社百科事典マイペディア

大蔵院の庭の写真

教室主宰 藤谷 音彌
ふじたに おとや 先生

公益社団法人 能楽協会会員
観世流 仕手方
重要無形文化財保持者(総合認定)

藤谷音彌(ふじたにおとや)先生

先生からのメッセージ

古典芸能を学ぶと、
自然に姿勢や発声が鍛えられます。
健康の維持・促進にも役立ちます。

 

謡・仕舞教室

現在 生徒を募集しています。
ご関心がある方は お問い合わせください
連絡いただければ 見学も可能です

お問い合わせ (大蔵院)
メール:問い合わせフォーム
電 話:078-911-2131

 

お謡の練習の写真

開催日時

不定期月二回(月曜日)
13:00より
※合同発表会が行われることもあります。

 

見学・体験会

見学・体験、承っています。
お気軽に、お問い合わせください。
先ずは、一足より
連絡先:大蔵院 078-911-2131

 

普段着(平服)

 

月謝

一科目あたり四千円
※ 謡曲・仕舞(あるいは両方)を選んで頂きます。
※ お稽古時に、現金にてお支払いください

朝顔の写真

場所

見江山 大蔵院
〒673-0874 兵庫県明石市大蔵本町18−40

 

お問い合わせ (大蔵院)
メール:大蔵院 問い合わせフォーム
電 話:078-911-2131

 

大蔵院 体験一覧

(裏千家) 茶道 
(観世流) 謡 仕舞 

和菓子
ヨガ

写経
坐禅

error: Content is protected !!